ブログ

「免疫力は正常に高めること。低すぎてもダメ、高すぎてもダメ」~細胞賦活用薬~ 

皆さん、おはようございます。

京都市四条新京極入りの阪本漢方堂です。

今朝は「免疫力を正常に高めること」について取り上げてみましょう。

免疫と云う字は、流行り病、伝染病つまり「疫病」を免(まぬが)れる、と書いて免疫。

免疫は身体の外から侵入してくるウィルスや細菌、異物などに対して身体を守ろうとする働きです。免疫は1度認識すると大変よく覚えていて、自分のものなのか、異物なのか区別して、異物であれば排除しようとする働きがあります。

それによって、免疫は一度患った感染症を二度とかからないようすること。

更に体内の異物を取り除き排除することの2つの意味が有ります。

身体の中の異物は、身体の外から入るものと、身体の中で発生するものとの2種類あります。

身体の外から入ってくる、侵入してくるものとして、

1.鼻や口、目などから侵入してくるウィルスや細菌

2.怪我をして傷口から入ってくる異物(細菌や毒素も含む)

身体の中で発生する異物としては、

3.老化し、寿命が尽きた細胞

4.細胞が生まれ変わる際に、遺伝子のコピーが上手くいかず不完全な細胞や癌化した細胞も異物です。

 

このような体の外部から侵入してくる細菌やウィルスなどの異物、更に体の中で発生するがん細胞などの異物から、私たちの身体を守ってくれる重要な仕組みが、免疫です。

 

この免疫の機能が低下した場合と高すぎる場合があります。

まず低下した状態ですが、免疫細胞のパトロール能力も低下するので、インフルエンザのウィルスをはじめ、風邪の原因のウィルス、今回のコロナウイルスなど異物の侵入を許してしまいます。

また身体の中に潜んでいる帯状疱疹ウィルス(ヘルペスウイルス)の場合は、免疫の機能が低下することで、病気のスイッチがONになります。

ガン細胞の場合では、遺伝子のコピーが上手くいかない場合が発生すると、通常その細胞が自滅するスイッチがONになります。しかしスイッチがOFFのままで自滅しないでスルーした場合には、通常免疫細胞の仲間がパトロールして掃除してくれます。

しかし免疫の機能が低下しているとスルーしてしまい、長い年月を経て悪性腫瘍と呼ばれる病気になります。

つまり免疫力が低すぎることでウィルスに感染したり、病気になってしまいます。

疲れたサラリーマンのイラスト

では逆に機能が高すぎる場合はどうなのでしょうか?

花粉症などのアレルギーも免疫システムの不具合が原因だと云われています。

スギ花粉の場合、さほど毒性は強くないのに免疫システムが勘違いを起こし、悪い異物の侵入を許してしまった「えらいことや!」と過剰に反応して暴走している状態です。

と云うことは、免疫力は低すぎてもダメ、高すぎてもダメ、常に正常に高めておくことが大切なのです。

 

ご高齢の病気がちな方や、保育園に行き出したらよく病院に行くようになったお子様、大人でも最近疲れやすい方などは普段から免疫力を正常に高めておくことが大切です。

 

阪本漢方堂ではこの時期特に、免疫力を正常に高めておく為に朝礼の後、スタッフで飲んでいる小さな錠剤、細胞賦活用薬が有ります。

白血球の仲間マクロファージを活性化するもので、一般虚弱体質やアレルギー性疾患に使用します。

1日1回1~2錠の飲み方です。詳しくはお電話下さいませ。

 

免疫力を正常に高めておくことでコロナウイルス問題も乗り切っていきたいです。

皆さんの周りに、普段から風邪を引きやすいご高齢の方や、小さなお子さんがいるご家庭がいらっしゃいましたら、是非教えてあげて下さいね。

 

(アナウンス)西陣千本店営業日の変更のお知らせです。

西陣千本店の定休日が日曜・月曜・木曜日となり、

営業日は毎週火曜水曜金曜土曜日の朝10時から夕方5時までとなります。

四条新京極本店は、今月休みなく朝10時から夜7時までとなっております。

 

以上、免疫強化・漢方専門薬局阪本漢方堂からのお知らせでした。

 

阪本漢方堂

関連記事

  1. 「抗ウィルスの働きで注目される生薬 板藍根、金銀花、連翹」
  2. 「打撲 打ち身」~山梔子末、治打撲一方(ちだぼくいっぽう)、接骨…
  3. 「男性更年期障害③」~加齢性腺機能低下症~
  4. 「春の七草 七草粥 芹(せり)と漢方薬」
  5. 「川骨(せんこつ、かわほね)と漢方薬」 ~天恵実母散(てんけいじ…
  6. 「大福茶&おせち料理 喜ぶこぶ 養老昆布と漢方」 
  7. 「感情と健康」 ~内因七情 喜・怒・思・憂・悲・恐・驚~
  8. 「生姜湯&生姜飴&風邪薬」

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP