ブログ

「眼の愛護デー」~新黄珠目薬~

おはようございます。

京都市四条新京極入り口の阪本漢方堂です。

三日前の木曜日10月10日は「眼の愛護デー」でした。

私達は眼から情報の8割を得ていると云われている位、大切な所です。

先日お越し頂いた方のご主人は、定年退職後しばらく眼科にかかっていなかったのでトラブルが無いかと確認するために診て貰ったら、検査の結果ほんの一部視野が掛けている所があるとわかり、緑内障と云われました。

病院の指示通り複数の点眼薬をさし続けることと共に、漢方で何か併用出来ないかと相談頂きました。この方の場合には、眼圧がこれ以上上がらないよう水はけ(水分代謝)を良くする漢方薬をお勧めしました。

 

眼はとても大切な場所なので、目に関する相談も多いのです。

例えば、疲れ目、かすみ目、ドライアイ、眼圧が高い、横断歩道の白色ゼブラが波打って見える、運転免許更新だが視力が心配で相談にお越しになる方もいらっしゃいます。

基本的にその方のお困りの症状や今までの病気の流れ、現在の体質をお聞きしてうえで飲むタイプの漢方薬をお選びします。

 

ところで今朝は飲むタイプではなく、新黄珠目薬(しんおうじゅめぐすり)と云う漢方生薬由来成分配合の点眼薬をご紹介しましょう。

 

そこで阪本漢方堂がお勧めする理由は紫外線による目のトラブルだけでなく、目の充血、目の痒み・かすみ、目の疲れに良い目薬だからです。

 

こ目薬には、ミカン科のキハダ(生薬名は黄柏・オウバク)キンポウゲ科の黄連(オウレン)に含まれる成分と、マメ科の甘草(カンゾウ)に含まれる成分が配合された特徴ある目薬です。

その他に角膜の保護成分のコンドロイチン硫酸ナトリウム、それにアレルギー症状を緩和する成分などが配合された、黄色の目薬です。

 

改めて、次のような症状でお困りの方におすすめです。

目の疲れ、目のかゆみ、目のかすみ(目やにの多い時など)、それに結膜の充血、(水泳の後、ほこりや汗が目に入ったときなど)眼病予防、紫外線その他の光線による眼炎、まぶたのただれ などでお悩みの方におすすめなのです。

 

目薬を差した後のジュワーと沁みる感じが苦手な方におすすめです。

私自身が沁みるタイプの目薬が苦手だったので選びました。

この目薬のお値段は15ml (税込み)1320円です。

御遠方の方でも着払い便にてお送りも出来ますので、お電話ください。

いつものお馴染みさんは、ご自身の分だけでなく、ご主人、娘さん、おばあちゃん、弟さんの5人分お求め頂きました。

皆さんも現在使用中の目薬が使い終わる頃、もしよろしければ使い比べてみて下さい。

 

阪本漢方堂薬局では加齢性黄斑変性症や緑内障・飛蚊症など目の症状でお悩みの方の相談を受け付けています。

皆さんのお知り合いに、眼のことでお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非教えてあげてくださいね。

 

阪本漢方堂

関連記事

  1. 「目薬のさし方」~新黄珠目薬(しんおうじゅめぐすり)~
  2. 土用の丑の日 八つ目鰻
  3. 「花粉症 漢方専門薬局おすすめ目薬」
  4. 「TVポツンと一軒家 岩手県と福井県で発見! 薬草黄連栽培」
  5. 「土用の丑の日 八つ目鰻」

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP