ブログ

「プレ更年期&更年期 当帰養血精(とうきようけつせい)」

皆さん、おはようございます。

今回は、「プレ更年期&更年期 当帰養血精」のお話です。

 

女性の更年期とは、閉経を挟んで前後5年の約10年間の期間のことです。

現在、閉経の平均年齢がだいたい50歳と云われており、45~55歳が更年期にあたります。

その少し前の35~45歳位までの間を「プレ更年期」とも呼ばれています。

それは30歳代後半から卵巣の機能低下がゆっくりと進むことにより、女性ホルモンの変動「ゆらぎ」が起き、更年期に似た症状が出ると考えられています。

 

女性ホルモンのゆらぎの時期には月経不順になりやすいのです。

40歳前後から現れ始めるプレ更年期の症状に対し、早いうちから対処することは、更年期に起こる様々な症状を上手く乗りきることにつながるので、大事なことといえます。

 

日本の伝統医学である漢方を上手く利用する方法や、阪本漢方堂で相談(カウンセリング)や、相談の中で生活習慣改善(食養生や入浴法、思考の癖)など薬を用いない改善方法など、試されることをおススメいたします。

 

ちなみに阪本漢方堂での更年期やプレ更年期の相談内容は、大きく3つに分類できます。

 

1.様々な精神的な症状・・・イライラ、気分の落ち込み、不安感、情緒不安定、寝つきが悪い、途中何度か目が覚めるなど不眠

2.血管の拡張と体の熱に関係する症状・・・火照り、のぼせ、ホットフラッシュ、汗をかきやすい(寝汗を含む発汗)

3.その他の様々な身体の症状 抜け毛、疲れやすく翌日に疲れを持ち越す、頭痛、肩こり、肩関節・指関節・腰・背中などの痛み、シビレ、冷え、めまい、動悸、息切れ、胸の圧迫感、皮膚や髪の毛の潤い低下・乾燥など

 

「我慢できるから」「そのうち治るだろう」と放置せずご相談ください。

心身の不調を感じている女性は、多いのです。

 

今回ご紹介するのは当帰養血精です。

原料生薬に、セリ科の当帰、川芎、ボタン科の芍薬、ゴマノハグサ科の地黄の組み合わせが血を補い、月経の異常を整える働きをし、

サルノコシカケ科の茯苓、マメ科の黄耆、キキョウ科の党参の組み合わせが消化吸収機能を整え元気の素「気」を補い、

漢方のコラーゲン阿膠で止血と血補い、マメ科の甘草がこれらの多数の生薬たちの取りまとめをしてくれます。

 

これら「気」「血(ち・けつ)」を補う生薬が多数配合されており、血液の量を豊かにして、血の巡りをよくし、身体にエネルギーを与えて、身体全体の機能を高めてくれます。

 

次のような症状を気になさっている方、いらっしゃいませんか?

生理痛、生理不順、冷え症、のぼせ、めまい、貧血、耳鳴り、頭痛、肩こり、腰痛など。

更年期障害のトラブルとして耳鳴りでお悩みの方は、女性だけでなく男性もお試し頂けます。

 

煎じる手間もなく、粉末や顆粒タイプが苦手な方に特におすすめの液体で、飲み方も朝夕の1日2回、1回が4mlと少量ですみます。

600ml入り(37日分)6600円です。

 

 

皆さんの周りに、プレ更年期・更年期で心身の体調管理面で気にされている方がいらっしゃいましたら、症状の軽減だけでなく予防のためにも、是非阪本漢方堂を教えてあげて下さいね。

 

相談の出来る薬局 阪本漢方堂

 

表示価格:令和5年11月現在税込価格

 

関連記事

  1. 「血の不足 漢方のコラーゲン 阿膠:婦人宝」
  2. 「紅花と漢方薬 天恵実母散」 七十候 紅花栄(べにばなさかう)
  3. 「中学生の生理痛&40歳代のPMS月経前症候群改善例」
  4. 「秋 抜け毛予防~シナモン・桂皮末~」
  5. 「更年期障害と桂枝茯苓丸」
  6. 「令和6年干支「辰」にちなんで「竜」の名前のつく漢方③
  7. 「冷え症 高麗人参」
  8. 「大和当帰 和漢ドリンクAngelica③ 冷房病(冷え)、血流…

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP