ブログ

「漢方専門薬剤師が選ぶ夏の滋養強壮・栄養ドリンク剤」

皆さん、おはようございます。

厳しい暑さが毎日続いていますが、体調お変わりございませんか?食欲や睡眠に影響出ていませんか?

食欲出ないからと、ザル蕎麦やソーメン、冷麺などあっさりしたもので簡単に済ませていませんか?ちゃんと一緒におかずとして野菜や海藻類、肉魚貝類など食べておかないと、

ついついビタミンやミネラルなど微量栄養素や、タンパク質(必須アミノ酸)などが不足しがちになりますよ。

そうでなくても汗でミネラル(電解質)が流れ出てしまいます。

例えば汗1ℓかいたら、塩分だと3gが、カルシウムなら40mgほど失われると云われています。

 

また今の時期、熱中症予防に水分補給は欠かせません。

しかし冷たい飲み物ばかりでは、お腹が冷えてしまいます。

お腹(胃)に水が溜まりチャポチャポ云う人、お腹が張ってくる膨満感が有る人はいませんか?

阪本漢方堂の漢方健康相談には、お腹が張って不快な膨満感や、所かまわずグーグー、キュルキュルお腹が鳴り恥ずかしい思いをする方や、お腹が冷たいなどの相談をお受けします。

 

お盆を迎えても、今年も帰省出来ず電話の声だけや、スマホやパソコンのアプリを用いたビデオ通話で済ました方も多いのではないでしょうか?

お互い離れて暮らしていると、何かと心配ですね。

 

この厳しい夏の暑さを無事に乗り切るための栄養剤「身体がシャン!」と元気になる滋養強壮のドリンク剤をご紹介しましょう。

阪本漢方堂の四条新京極本店の店頭の冷蔵庫には9種類のドリンクが入っておりますが、本日はその中から4つ取り上げてみます。

 

1つ目はマムシゲンそもそも東大阪の石切神社で「阪本の赤まむし」としてマムシを得意としてきた流れがありまして、このマムシゲンにもマムシ抽出液をはじめ鹿の角、鹿茸(ろくじょう)や、牛から取れる牛黄など動物性生薬の抽出液が配合されているのが特徴です。

男性だけでなく、錦市場やデパートでの買い物帰りの女性の方も飲みに立ち寄られる口当たりの良いドリンクです。

きっとご自宅に帰られた後も、夕飯の支度などもう一仕事が待っているのだろうと想像しながら接客をしています。そのような状況にもお役に立てるのです。

このマムシゲンは100ml入り(税込)330円で、お得なセットもあります。

風邪をひいて熱が出た時や、熱中症のような暑けが入り体力が消耗している際の栄養補給にもおススメです

2つ目にご紹介するのは、イメージ的に苦手だと感じられる方は、マムシの入らない、牛黄(ごおう)と高麗人参がメインの活寿(かつじゅ)内服液30ml入り(税込)1本540円をご用意しています。

先のマムシゲンとの違いは高麗人参の配合でしょう。普段から高麗人参の粒タイプや顆粒タイプのサプリメントをお飲みの方は、一度この医薬品扱いの活寿を試してみて下さい。

夏場でも冷房で手足やお腹が冷える方は、お湯割にして飲むおススメの方法が有ります。

お湯との比率もご相談下さい。

 

最後の3つはカフェインの入っていないタイプです。

女性雑誌に美容面で取り上げられることの多いプラセンタのドリンクと、

奈良県産のセリ科の植物、大和当帰(やまととうき)を使用した和漢ドリンクアンジェリカは、身体の抵抗力や集中力の維持改善の他に、お肌の乾燥や肌荒れなどの肌の不調のお悩みの方にもおススメです。

これらカフェインの入っていないタイプなら、夜寝る前シンデレラタイム飲んでも差し支えありません。こちらは10日分10本入り(税込)1980円です。

飲まれる方の状況に合わせてご提案できますが、どれが良いのか分からないと迷われる方、離れたご両親や、離れて暮らす息子さんやお孫さんへのプレゼントとして、5種類を詰め合わせにしたオリジナル袋をご用意致しました。

プレゼントの場合は、熨斗(のし)の必要の有無なども電話の際にお伝え下さいませ。

 

皆さんの周りに、寝ても疲れを翌日に持ち越す方、食欲減退気味の方、

冷房でお腹が冷えて困る方、肌の不調を感じる方がいらっしゃいましたら、是非教えてくださいね。

 

相談の出来る薬局 阪本漢方堂

 

 

関連記事

  1. 「高麗人参 冬贈り物 プレゼント お歳暮」
  2. 「大和当帰 和漢ドリンクAngelica③ 冷房病(冷え)、血流…
  3. 「鶏卵と漢方」~卵油球~
  4. 「ミカン 漢方茶&入浴剤 ~陳皮~」
  5. 「干支「亥」にちなんで③」~漢方薬 猪苓(ちょれい)、五苓散~
  6. 「陀羅尼助(ダラニスケ・ダラスケ) ~下痢・軟便・消化不良~ 」…
  7. 「大和当帰 和漢ドリンクAngelica 体力、集中力の維持・改…
  8. 「漢方専門薬局がおススメする酵素 万寿酵素プレミアム」

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP