ブログ

「不眠&不安感の漢方薬:天王補心丸」

皆さま、こんにちは。

今回は「不眠&不安感の漢方薬:天王補心丸」について取り上げてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康の三原則「快食・快眠・快便」は、子供さんの成長にも、大人でも健康を維持するのに、とても大切です。

特に睡眠トラブル、不眠について阪本漢方堂でもよく相談されます。

 

具体的には

1 寝つきが悪い

2 夜中、寝ている途中になんども目が覚める

3 早朝に目が覚めて、それ以降寝られない

4 寝たぞ!と云う感覚がない

5 昼間の活動が低下した

6 メンタルが不安定

などなどあります。

寝られないことが続くと、不安感、抑うつ状態、食欲不振、頭痛、

頭が重いなど他の症状につながることがあります。

 

何かのきっかけや原因があって不眠がスタートする場合が多いので、

それ以外に、睡眠について良かれと思っての行動の中にNGパターンが隠れていないかなど、

相談で一緒に考えてまいります。

 

漢方の治療では、自律神経系のバランス調整だけでなく、心と身体のバランス(*1)を整え、

不眠の改善を目指すことで、不眠に伴う他の症状の改善が進むことがあります。

長年西洋医学の睡眠薬・抗不安薬など使われている方は、漢方薬と併用することで、

効果を高め、睡眠薬や抗不安薬(安定剤)の使用量を減らす工夫がなされています。

 

漢方では「気(き)・血(けつ)・水(すい)」と呼ばれる考え方があります。

これら3つが、少なすぎず多すぎず適量にて、滞ることなくスムーズに身体の中を巡っているかが、大切なのです。

不眠では、気血(きけつ)がポイントとなります。

気(き)とは元気のもと、身体を動かすエネルギーでもあり、免疫力でもあります。

血(けつ)とは、血液でもあり、栄養と潤い(*2)の働きをするので、

各臓器や器官に栄養や潤い補給をしてくれます。

 

ところが何らかのきっかけや原因によって、五臓六腑で云う「心(しん)」を中心に「腎(じん)」に対し、

上手くいかなくなると次のような症状が出てまいります。(*3、*4 *5)

 

例えば寝つきが悪い、眠りが浅い、夢をよくみる、すぐ目が覚める。

その際に動悸を感じたり、焦りを感じたりするほか、もの忘れがすすむ、身体や顔、頭の火照りや熱感、

口内炎が出来やすいなど、精神活動の低下や血液循環・身体の熱産生の不調が生じます。(*3)

 

このような場合に用いる漢方薬が天王補心丸(720丸入、30日分 7700円)

桔梗の根、セリ科の当帰、シソ科の丹参(タンジン)、ユリ科の麦門冬(バクモンドウ)と天門冬(テンモンドウ)、

ヒノキ科の柏子仁(ハクシニン)など11種類の生薬から作られた、飲み易い丸薬です。

 

 

 

 

 

 

 

漢方的には寝ることによって「気血(きけつ)」を製造し蓄えてまいります。

また西洋医学的にも寝ている間に認知症の原因の一つと云われる脳内の悪玉タンパク質(*6)を洗い流してくれると考えられています。

 

皆さんの周りに、眠れない方、不安感、肩こり、動悸、息切れなどでお悩みの方がいらっしゃいましたら、

是非阪本漢方堂を教えてあげて下さいね。

 

相談の出来る薬局 阪本漢方堂

表示価格:令和6年5月現在税込価格

*1 心身一如(しんしんいちにょ)  *2 滋潤(じじゅん)

*3 心陰虚(しんいんきょ)心血虚(しんけっきょ)

*4 心腎陰虚(しんじんいんきょ)  *5 心腎不交(しんじんふこう)

*6 βアミロイドタンパク

関連記事

  1. 動脈硬化
  2. 「いい歯の日 ~aiデンタルペースト~ 」
  3. 「男性更年期障害③」~加齢性腺機能低下症~
  4. 「山薬(ヤマイモ・ナガイモ)」  ~ジオスゲニン 認知症 八味地…
  5. 「貧血① 国内産牡蠣肉エキス」 
  6. 「胃がん手術後の起こり得る症状&漢方」 ~大建中湯・六君子湯~
  7. 「大和当帰 和漢ドリンクAngelica 体力、集中力の維持・改…
  8. 膀胱炎

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP