ブログ

「思春期の生理痛」~桂枝茯苓丸~

皆さん、おはようございます。京都・四条新京極入り口の阪本漢方堂です。

今日は5月5日子供の日です。

 

今朝は、PMSと呼ばれる月経前症候群でお悩みの41歳主婦の方が

「阪本漢方堂の漢方薬で良くなったので、中学生の娘の相談もしたい。」とご来店いただいたのでご紹介致しましょう。

この41歳のお母さんは、最初店内に張っていたポスター「月経前症候群(PMS)」を見られて、何かいい漢方があるの?とお尋ねになられたのがきっかけでした。

生理痛はないが、生理前とても眠たい!

イライラがひどい!ことが自分でも分かるくらいで、

夫や3人の娘にも悪いなと思うくらいイライラが抑えられないとのこと。

漢方薬の丸薬を二瓶2ヶ月分飲んで頂き、3瓶目のご注文の際に「イライラするのが随分と楽になり嬉しい!一番喜んでいるのは娘たちや夫です!」と笑顔でおしゃっていました。

そして「生理痛で困っている中学1年生の娘に飲ませてよいか?」とのお尋ねでした。

なるべく化学合成のお薬より漢方薬を飲ませたいとの考えでした。

 

女性にとっては若い頃・学生の頃は生理中、痛みや頭がボーとして授業に集中出来なかった経験や、

授業中トイレに抜け出せなかったことや、体育の授業を生理なので休むと云いづらかった。

あまりの辛さに授業中保健室で寝ていた経験を思い出される方もいらっしゃるのでないでしょうか?

 

 そもそも女性の身体は、思春期に初めての月経を迎えてから、子宮や卵巣の成長に伴ってエストロゲンの分泌量が増えてきます。

徐々に妊娠出産出来る身体・成熟期に向けて卵巣の機能が完成するまでは月経不順や月経痛などのトラブルが現れやすいのです。

 

でもどうして月経痛(生理痛)が起きるのでしょうか?

それは経血を押し出そうと子宮が収縮することから、強い痛みを生じさせている可能性があります。逆に言うと身体が十分発達していくことで解消されていきます。

 

皆さんのなかにも初潮を迎えたころは大変だったけど40歳代半ばの今では平気と云う方も多いのではないでしょうか?

そうなのです。

「生理は痛くて当たり前ではない!」のです。

それでも実際には痛みを感じて我慢している方、日常生活に支障が出るくらいの我慢できないレベルの月経痛(生理痛)の方も多いように感じます。

 

月経痛(生理痛)の中でも10歳代から20歳代前半に多いタイプは、初潮を迎えたころは子宮や卵巣がまだ成熟していないことや、子宮内膜から出てくる炎症物質(*3)が過剰に出て子宮の筋肉をギュギュっと収縮させて起きている可能性があります。

激しい痛みは生理初日又は2日目位まで次第に軽くなってきます。

このように月経の数日前から症状が現れて、月経がはじまると症状が楽になる。

症状は身体に出てくる症状とメンタル的な症状に分けることが出来、頭痛・腰痛・ニキビ・肌荒れ・肩こり、イライラ・気分の落ち込みなど思春期の方によく見受けられます。

また妊娠&出産することで改善される例が多いのが特徴です。

しかし小学生・中学生・高校生・大学生の頃なので学校生活にも影響し困った点でもあります。

 

では漢方ではどのように対応しているのでしょうか?

先の41歳の主婦の方、そして中学生のお嬢さんに飲んで頂いているのが、桂枝茯苓丸と呼ばれる粒タイプ漢方薬です。

複数の生薬を粉末にして練り、混合して作っています。

ちみに15歳以上の方の場合には約1か月分、15歳未満の中学生の場合には約40日分で4320円(税込)です。

実際飲んでいただいていて中学生のお嬢さんも生理痛が軽くなったと喜んで頂きました。

このように親子で飲める漢方薬も有るのです。

 

皆さんの周りに、生理(月経)に関するトラブルでお悩みの娘さん・孫娘さんがいらっしゃいましたら是非、阪本漢方堂を教えて下さいね。

阪本漢方堂

 

 

 

 

 

*1 瘀血(おけつ)

*2 水毒(すいどく)

*3 プロスタグランジン

関連記事

  1. 「タデ科大黄と漢方薬」 ~京都府立植物園キブネダイオウ~
  2. 「父の日プレゼント~八味地黄丸~」
  3. 「TVポツンと一軒家 岩手県と福井県で発見! 薬草黄連栽培」
  4. 「丑湯と薬草風呂」 ~桃の葉、ヨモギ、薄荷(ミント)他~
  5. 「干支【亥】にちなんで①」~漢方薬 紫雲膏~
  6.  「母の日 プレゼント⑦」~吸収の良いイオン化されたカルシウム~…
  7. 「冷え症 高麗人参」
  8. 「冷え、しもやけ」~飲んで治す漢方薬、塗って治す赤まむし軟膏~

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP