ブログ

「四十肩、五十肩」  ~独活葛根湯(どっかつかっこんとう)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)~

皆さん、おはようございます。

京都市新京極入り口の阪本漢方堂です。

今朝は四十肩・五十肩について取り上げてみましょう。

皆さんの周りにも、四十肩・五十肩を患われた方がいらっしゃるのでないでしょうか?

阪本漢方堂でのお悩みのメインが「四十肩・五十肩」と云う方もいらっしゃいますが、別のお悩みの相談で、過去に患っていたとおっしゃる方も多く、「1年も2年も治るまでに時間がかかった話」や、「片方が良くなったら反対も悪くなって大変だった話」をお聞きします。

中年以降に、明らかに原因が無いのに、肩が痛み、日中は洋服の脱ぎ着する時など動かす時だけでなく、肩を動かさない時にも痛み、また夜は痛みでなかなか寝付けなかったり、寝返りした時に痛くなり目が覚めたり、朝起きても痛いなど、本当に苦労します。

 

ところでこの厄介な四十肩・五十肩は、通常の肩こりと痛む場所が違うことをご存知ですか?

肩こりの場合、頸から肩にかけて凝って痛みます。

これは、首から肩、背中にかけて広がっている筋肉(僧帽筋)がこわばり硬くなっていることが、主な原因と考えられています。

四十肩・五十肩の痛む場所は、二の腕(上腕)の外側や、鎖骨から肩の関節に移動した辺りも痛みます。

 

この病気になりやすい年代は、名前の通り40歳代50歳代だけでなく、60歳代も含まれる40~60歳代です。

しかし六十肩とは云わず、肩関節の痛みと可動域制限を主とする疾患グループの総称である肩関節周囲炎に含まれます。

グループ内でも圧倒的に多いことから五十肩=肩関節周囲炎(*1)とも呼ばれます。

 

私達の身体は本当によく出来ています。

肩関節には、二の腕の骨をはじめ鎖骨や肩甲骨などの骨があり、そこに筋肉や腱、靭帯、などのパーツがあり、その為かなりの可動域があります。

また、これらを動かしたり、外部から受けたりする衝撃を和らげるクッションの働きの袋状のものがあります。(*2)

この袋状のものには、潤滑油の液体が入っている為、クッション役目になります。

この袋状のものやその周辺が、加齢や外傷による炎症がおこっているのが四十肩・五十肩です。

 

急性期の激しい痛みがある場合は、安静にして炎症を抑える薬が必要になります。

痛み・炎症がひと山超えて落ち着いてきたら、お風呂やホットパックで温めたり、動かしたりと運動療法、リハビリが重要になってきます。

痛むからと云って、安静にして動かさないでいると、癒着して余計肩関節が動かなくなります。ちなみに五十肩のことを凍結肩、英語でfrozen shoulderと云います。

 

阪本漢方堂では五十肩・四十肩の相談にお越しになられた際には、お悩みの症状や体質を詳しく話をお聞きして、対策をご提案します。

血管が収縮して痛みが悪化する場合には、身体を温めて血流を良くする生薬の組み合わせを、炎症や痛みがある場合には鎮痛の働きの組み合わせを、水はけが悪くなっている場合には水分調整を良くする組み合わせを、しびれが伴う場合には鎮痙の働きの組み合わせなどを考えていきます。

 

また血流が悪く、冷えのきつい方、拘縮期には、飲む漢方と一緒にヨモギやミカンの皮、セリ科の当帰(トウキ)や川芎(センキュウ)などが配合された漢方の薬用入浴剤もおススメです。

 

それと、整形外科医の指導の下、運動療法・リハビリをすることはとても重要なので、つらい痛みを軽くする漢方薬の提案だけでなく、リハビリをしやすい身体の環境作りを助ける栄養素のご提案も、阪本漢方堂では心掛けています。

つまり炎症を鎮め、血流や水はけを良くするだけでなく、関節のパーツである骨や筋肉、腱、クッション役の袋などの材料を日常の食生活で補うことが大切です。

 

最後に四十肩・五十肩に良い、飲み易い顆粒タイプの漢方薬「パスタントン」と、小さな丸薬「桂枝茯苓丸」の組み合わせをご紹介しましょう。

 

パスタントンは、葛根湯にセリ科の独活(ドッカツ)に、ゴマノハグサ科の地黄(ジオウ)がプラスされた配合になっています。

目的も寝違いをはじめとして急な首や肩の痛みに用いますので、風邪の初期症状の改善を目的に使う葛根湯とは、共通する生薬の配合量は異なってきます。

ガンコな、こわばった肩コリにお悩みの方や、四十肩・五十肩・寝ちがえにお悩みの方におススメ出来、飲んですぐに溶ける顆粒タイプです。

1日3回12回分で(税込)1650円です。(令和3年9月現在)

 

それと血流を良くし血の滞りを改善する漢方薬桂枝茯苓丸、1600丸入り(税込)4400円もおススメです。

ご遠方の方や近くてもお越しになれない方、時節柄外出を控えている方の場合、電話相談の上、着払い便にてお送りすることも致しておりますので、お気軽にご連絡下さいませ。

 

 

皆さんの周りに、四十肩・五十肩・寝違い・肩こりでお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非教えてあげて下さいね。

 

相談の出来る薬局 阪本漢方堂

 

(*1)肩関節周囲炎には、五十肩の他に、肩峰下滑液包炎、腱板炎、上腕二頭筋長頭腱炎、石灰性腱炎、など含む

(*2)肩峰下滑液包、関節包

 

関連記事

  1. 「陀羅尼助(ダラニスケ・ダラスケ) ~下痢・軟便・消化不良、ゲン…
  2. 「TVポツンと一軒家 岩手県と福井県で発見! 薬草黄連栽培」
  3. 「干支【亥】にちなんで①」~漢方薬 紫雲膏~
  4. 「尿路結石 ウラジロガシ」
  5. 「父の日プレゼント~八味地黄丸~」
  6. 「干支「亥」にちなんで②」~漢方薬 猪苓(ちょれい)、猪苓湯~
  7. 「頭痛の日と漢方薬」
  8.  「尿路結石」~ウラジロガシ、連銭草(カキドオシ)~

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP